これからFPVを始められるみなさまへ 操縦編③

FPVドローン スタッフブログ

みなさまこんにちは!!エナジースペースの山崎です。
今日の庄川は雨が降ったり雨が上がったりしていて天気は不安定な状態です。気温もそこまで暑くはありません。

こんな日は雨の日の練習方法を参考にしてドローンの練習をしてみてはいかがでしょうか?

余談ですが、先日ラジコンのヘリコプターを飛ばしました。
僕はプロポのモードは普段、モード2で飛ばしているのですが、そのヘリコプターはモード1でした。
なんとか浮きましたが、とっさの操作をする際に、エレベーターを入れたいのに間違えてスロットルを入れてしまうと言うことが起きました。
頭で考えながら一応やっていたのですが、かなり難しかったです。
そして思った事はやはりドローンより安定感がなく、ヘリコプターはすごく難しいなぁと感じました。
でも、すごく楽しいと感じました。なぜかドローンより飛んでいる感がすごかったです。
そしてヘリコプターのプロペラは可変ピッチのため、機体が逆さになってもホバリングしていられます。ヘリコプターは本当に自由な飛び方ができるのだなぁとも感じました。
ちなみにドローンのプロペラは固定ピッチのため、機体が逆さになってホバリングはできません。
本当に楽しいので、皆さんも一度飛ばしてみられたらいいかもしれません。
次は、Wingも飛ばしてみたいなぁと思っています。
できれば空モノは全て飛ばせるようになりたいなぁと思っています。
ですが、やはりドローンが好きなのであくまでメインはドローンです。

前回は左右のロールとフロントフリップ、バックフリップのお話をしましたが、お次は、パワーループの説明をしていこうと思います。

パワーループ

パワーループとはドローンで機首方向に大きい円を描く、トリックです。
フライヤーもできると相当気持ち良いトリックです。
まずやり方としては、ピッチを下げて、機首方向を空に向けます。その状態ででグーッとスロットルを入れていきます。この時、FPV画面では上しか見えていないので、最初は相当怖いので慣れが必要になります。
機体の状態は機首方向が上に向いている状態で上昇していると思います。
円の頂点にしたいところが来たら、スロットルを勢いよく抜きます。そうすると慣性の法則が働きドローンは投げられるように飛びます。その時にピッチだけを上に上げると地面が見えます。
そして地面が近づいてきたら、よきところで、スロットルを徐々に上げていってピッチも同時進行で上げていき機体を水平に戻す、といったトリックです。
前回と、今回のトリックは動画で見ていただいた方がわかりやすいと思うので、トリックの動画も作っていこうと思います。
トリックは本当に感覚頼りです。練習あるのみだと思います。

と言う事で今回はここまでとします。
今日も安全なフライトを!!!

エナジースペース 山崎

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ、スクール申し込み