これからFPVを始められるみなさまへ FPVの楽しみ方

FPVドローン スタッフブログ

みなさまこんにちは!!エナジースペースの山崎です。
今日の庄川は晴れていてかなり暑い印象です。

先日、僕も一日ドローンをフライトさせていましたが、楽しすぎて、水分補給を忘れ、熱中症になりかけました。
みなさまも熱中症には十分注意してフライトを楽しみましょう。
余談ですが、先日からオリンピックが始まりましたね。
金メダルを取られた選手の方々おめでとうございます。
僕が特に面白いと思った競技がスケートボードです。
見ていて迫力がありますし、とにかくかっこいいなぁと思いました。
雰囲気もかしこまった感じではなくストリートな感じがしてすごく個人的には好きな雰囲気です。
一気にスケートボードの認知度が上がり需要が増えると思います。
僕は、一度スケートボードをやったことがありますが、すぐにこけてメガネを割ってしまい諦めました。
そして、こんな事を言うと怒られるかもしれないですが、FPVのフリースタイルと似たような感じもしました。
オリンピックの競技にFPVも加わればいいなぁと思いました。

前回は、レースとフリースタイルという楽しみ方がありますよとお話ししていきましたが、今回はフリースタイルのトリックについて説明していきます。
まずは基本的なトリックとも言えるロール、フリップからご紹介していきます。

ロール、フリップ

ロールとは、ドローンを右回転や左回転で360度回転させるとトリックになります。
ドローンが横に回転するトリックです。
いろんなロールがありますがまずは、基本的なロールをマスターしましょう。
やり方としては普通に飛んでいる状態から、少しスロットルを上げ、上げた瞬間にスロットルを完全に切ります。
スロットルを切った瞬間に右回転のロールをしたいのであればロールを入れます。
360度、回転して画面が水平になったら、ロールを戻して、スロットルを戻します。これが基本的なロールになります。
まず、360度綺麗に回り水平で止めることを意識して取り組むと上手くなります。
そして、360度止めることができるようになりましたら、次は、インバート(180度で止める事、ドローンの状態は地面に対して背面)を意識してみてください。
背面で少しだけ止めてもう一度180度回転して姿勢を水平に戻す事を意識してみてください。
コツとしては、水平線を見る事です。
ドローンが離陸する前のFPVゴーグルから見える水平線を記憶してください。フライト中は、回る前の水平線を記憶してください。
これがコツになります。
フリップも同様な操作になります。フリップとはドローンが縦方向に回転する事を言います。
これは上記のロールのスティックコマンドをピッチに変えるとできます。
まずはしっかり両方とも360度きっちり回れるようにしましょう。

と言う事で今回はここまでとします。
今日も安全なフライトを!!
エナジースペース 山崎

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ、スクール申し込み