これからFPVを始められるみなさまへ FPVドローンの楽しみ方

FPVドローン スタッフブログ

みなさまこんにちは!エナジースペースの山崎です。
今日の庄川は晴れていてかなり暑い感じです。

今日も熱中症にはお気をつけて水分補給をしっかりしフライトを楽しみましょう!!

前回は、FPVレーシングドローンの操縦概念をお話しましたが、前回のお話はあくまでも総合的な操縦概念です。
今回は、レーシングドローンの楽しみ方をお伝えしていこうと思っています。

レーシングドローンの楽しみ方

レーシングドローンには大まかに2種類の競技があります。
一つは、一番メジャーな名前の通りの「レース」です。
みなさまお分かりの通り、単純にコースを回る速さを競うものです。
トップレーサーの方の動画などをみると、早送りしているかのような映像です。
トップスピードは大体、時速170kmぐらいで飛んでいます。
このトップスピードに関しては近い将来、おそらく時速200kmは軽く超えてくると言われています。
ものすごく瞬発力がいると思います。それと綺麗なコースどりなど本当に勉強になります。
レーサーの方は、とにかく機体の軽さを求めているのかなぁと感じています。本当にボクサーみたいでカッコいいと思います。
競技人口は年々増えてきているため、これからもっと増えてくると思います。

二つ目は「フリースタイル」です。
こちらは、ドローン界のフィギュアスケートみたいな競技です。
フリースタイルにはトリック(技)があり、大会側で決めたトリックを綺麗に決められるかでポイントが入ります。そのポイントで勝敗が決まります。
ですがレースみたいな確率したルールはありません。
こちらは正直、レースに比べるとマイナーです。
ですが、フリースタイルフライトをするとかなり気持ちがよく、トリックを決められた瞬間は本当に気持ちがいいものです。
そして、最近僕のお知り合いの方もレースではなくフリースタイルを始められる方が多く、Tiny Whoopをやられている方などにも最終的にドローンで何をやりたいですか?と尋ねたところ、よくフリースタイルをやりたいと言われることが多いです。
本当に嬉しく思います。
そして、僕はフリースタイラーでございます。正直、レースはよくわかりませんのでフリースタイルについての操縦をお伝えしていこうと思います。

まず、レースも一緒なのですが、乗り物酔いなどしやすい方は本当にお気をつけてください。シミュレーターでも酔います。
僕も乗り物酔いは全然しないタイプで酔いには強い方でしたが酔ってしまいました。
お知り合いのレーサーの方も最初は酔いが酷く、酔い止めを飲んでやっておられたようです。

という事で次回からは、フリースタイルのトリックなどをご紹介していこうと思います。
では今日も安全なフライトを!!
エナジースペース 山崎

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ、スクール申し込み