FPVについて

みなさま、おはようございます!こんにちは!こんばんは!エナジースペースの山崎です。
今日はFPVについて書こうと思います。

FPVとは

前回も書きましたが、FPVとはFirst Person Viewの略語になり、日本語で一人称視点という言葉になります。
これから書かせて頂きますのは、主にレーシングドローンに用いられるFPV操縦に関することを詳しく書いていこうと思います。

レーシングドローン操縦について

今、世界規模レベルで爆発的に売れていて、世界シェアNo.1のドローンメーカー「DJI」のドローンはみなさんがよく知っているドローンだと思います。
そちらは空撮用のドローンで、操縦する時はドローンそのものを目視で確認して操縦するのが一般的です。
ですがレーシングドローンの操縦は一般的な空撮用ドローンとの操縦とは勝手が違います。
まず大きな違いは
①ドローンは目視では見ない
②安全なセンサー等全くついていない
です。

ドローンは目視で見ない

まず①なのですが、レーシングドローンはドローンについているFPVカメラの映像を見ながら
操縦します。
そのFPVカメラを手元で見る方法に関して、FPVゴーグルというものを頭に装着して飛行を行います。
ですので、パイロットはまるでスペースシップに乗ったような、鳥の気持ちになったような感覚を楽しめます。そしてFPVゴーグルを装着するということは周りが全く見えませんので、没入感が加わります。
ですが、ここで注意することがあります。
まず、ドローンからFPVゴーグルに映像を伝送する必要があります。
ですので、映像伝送装置をドローンに搭載する必要があります。
みなさんがよく言っているいわゆる「VTX」というものです。
このVTXが曲者でして、5.8Ghzの電波を使い映像を伝送します。
その5.8Ghzの周波数帯の電波帯域を使うには

アマチュア無線4級

という国家資格が必要になってきます。
そして、その国家資格を取得したのち、VTXは海外製なので技適マークがありませんので
この機器は電波を発しても問題ありませんよと国に認めてもらわなければなりません。
なので系統図を用意し、民間の保証機関に補償をしてもらった後、

無線局の開局

を行わなければなりません。
その作業を行なったのち、やっとVTXに電源をいれてもOK!ということになります。
それから電波使用料の納付もございます。
そしてさらに、ドローンを目視で見ないということは、目視外飛行にあたります。
もしそのFPVドローンが199gを超えていた場合、国交省に目視外飛行の申請をしなければなりません。
そして初めてFPVドローンを飛ばすことが可能となります。
ですが、敷居は高いですが、ここまでする価値はあると思っています。
本当に気持ちよく、空を飛べる、レースを楽しめることは、素晴らしいことだと思います。

長くなりましたので②については次回書くこととします。

富山県のみなさま、今日は微妙に晴れ間が….ドローン飛ばせるかも!!!
というこうとで

FLY SAFE!!!!

どうぞご安全に!!!!

エナジースペース 山崎

関連記事

カテゴリー

アーカイブ